東京都新宿区「うみとそら法律事務所」から法律相談事例などをお知らせします。

    • 個人のお客様
    • 事業主・法人のお客様

新着情報

2014.06.03
よのなか研究所(笑)開設のお知らせ

みなさま、こんにちは。

突然ですが、ただ今ご覧いただいておりますこのホームページとは別に、
私、青島弁護士の個人的ウェブサイトを立ち上げさせていただきました。

その名も
弁護士青島克行の「よのなか研究所」
です。

なんだそれ?っとお感じでしょうか。
そうですよね。
そうでしょうそうでしょう。

私も他人ならそう思います間違いなく。

いまご覧いただいている事務所のホームページも
私はとても気に入っており、大切におもっているのですが、
拡張性に乏しく、意見の発表や蓄積をするのにあまり向いていないという悩みをもっておりました。

そんなこともあって、先日、5月31日に
弁護士青島克行の「よのなか研究所」を開設させていただいたという経緯です。
ワードプレスでつくっております。
皆さん、ワードプレスってご存知ですか?
いわゆるひとつのウェブサイトをつくるための方式とでもいいましょうか。
多少の勉強は必要となりますが、多少の勉強をすれば、それなりのウェブサイトを構築することができる優れものです。しかも費用もほとんどかかりません。
これを機に、私も本格的にウェブサイトづくりの勉強を始めたというところです。


新サイト-弁護士青島克行の「よのなか研究所」-では、なるべく皆様のお役にたてる情報を発信していくつもりです。このサイトの究極の目的は、皆様と一緒に幸せについて考えていくということにありまして、私の命の続く限り、そうですねとりあえず今後30年間は続ける予定でございます。

つまりライフワークとして力を入れていくつもりですので、
たまに覗いてみていただけますと幸いでございます。

長々すみません。

弁護士青島克行の「よのなか研究所」はこちらをクリック!!

2014.05.15
無料相談対応の中止

こんばんは。青島です。

この新着情報も久しぶりの更新となってしまいました。
フェイスブックやブログも断続的ではありますが続けておりますので、
たまに覗いていただければ幸いでございます。

さて告知です。

うみとそら法律事務所も開設してから1年もすぎ、
私として、事務所として、力をいれていきたいことがだんだんみえてくるようになりました。

これまで初回のお客様のご相談については初回30分無料で対応させていただいておりましたが、業務体制の見直しをさせていただいた結果、無料相談対応を5月15日をもってとりやめることとさせていただくことにします。

今後は電話での無料相談も、お断りさせていただきます。

ご不便をおかけして申し訳なく思っています。

無料相談を希望される方の増加に対応しきれないということと、
費用をお支払いいただいているお客様への対応に全力を尽くすために、
以上の決断をした次第です。

何卒ご理解いただけますと幸いです。

※当日のご相談について※
お問い合わせいただいた方々の約半数が、当日相談を希望されています。
心配し始めたら居ても立ってもいられなくなってしまって、弊所宛に電話をくださるのだと思います。
私のスケジュールの都合がつく限り、対応させていただいておりますので、
遠慮なくおっしゃってください。

相談料について
初回相談、継続相談問わず、
一律30分5,400円(税込み)
で対応させていただきます。

よろしくお願いいたします。

2014.04.08
塾新聞が創刊されました!

塾新聞が創刊されました!

お知らせです!

この春、産学社から「塾新聞」が創刊されました。
塾・予備校業界の全国紙ですが、単に業界紙に留まらず、「ワシントンポスト」や「ニューヨーク・タイムズ」のように、一地方紙であるにもかかわらず米国内や全世界の知的層が読むような媒体を目指しています(編集主幹の千葉誠一氏)。

創刊されたばかりの第一号の内容です。

第1号(2014年4月1日)目次
・リソー教育の不適切会計処理に関する記事
・教育対談 森上展安(森上教育研究所所長vs千葉誠一(塾新聞編集主幹)
・中土井鉄信(MBA代表)の直言「消費税をどう乗り越えるのか?」
・今野篤(経営教育研究所代表)の教育サービスレポート「教育サービスFCを行く」
・塾のインフルエンザ対策
・全国主要塾の新年度戦略を探る(その一)
・小説「リターンマッチ 弭眦菘夫
・弁護士青島克行の「日常は危険であふれている」
・「アジアの視点で英語教育を考える」トンクス・バジル(エドベック副社長)
・見学したい塾「誉田進学塾」
・大塚意生(日本メディア教育社長)の「教育ICT化の現状を探る」

大変光栄なことなのですが、なんと私(青島)も1,500字ほどの連載記事を執筆をさせていただくことになりました。人の弱さに向きあいつつ、じわりじわりと沁み入るような味わいのある記事を目指して鋭意執筆に励む所存です。

豪華執筆陣(私以外)による、将来の日本、その担い手を生み出す教育業界で今何が起こっているのか、国内のみならず世界の動向に視野を広げた充実したクォリティーペーパーです。

お子さんがおられる方はもちろんそうでない方も、これからの世界を考えるあなたのためにぜひ読んでいただきたいと思います。

興味あるよーという方は青島までご一報を〜。

2014.03.03
桃の節句のご挨拶

早いものでもう3月にはいりました。
今日は桃の節句ですね。
《古くは宮中で節宴を行い、供え物をし、取り合わせを行ったり、また曲水の宴を催した。平安時代より草餅で祝い、中世には桃花酒を、中世末には民間にもひろまり白酒で祝ったが、江戸時代になって雛祭りが盛んになるにつれて、これらの酒や餅もひな壇に供えるようになった》(カラー図説日本大歳時記講談社より)そうです。へぇ〜。

年度末で忙しい方も多いかと思われます。出会いと別れいろいろですね(何の話でしょうか)。

今月も引き続きよろしくおねがいします!

※お急ぎのお客様へ※
最近、当日のご相談を希望される方からのお問合せが増えております。
スケジュールの都合上、どうしても対応できない場合もございますが、極力調整してお会いさせていただいております。当日相談をご希望の方は遠慮なくおっしゃってください。
いつもありがとうございます!

2014.02.25
当日のご相談について

こんにちは!

今日も快晴、東京新宿のうみとそら法律事務所からお送りします。

ソチ五輪も閉幕し、今年の2月もあと4日で閉幕です!
ご相談はお早めにお願いします(笑)

※お急ぎのお客様へ※
当日のご相談を希望される方の割合が増えております。
スケジュールの都合上、どうしても対応できない場合もございますが、極力調整してお会いさせていただいております。当日相談をご希望の方は遠慮なくおっしゃってください。
いつもありがとうございます!

前のページへ 次のページへ

うみとそら法律事務所

詳細アクセスはこちら

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-15-12 柳生ビル601

詳細アクセスこちら

まずは弁護士に相談してみませんか?

詳細アクセスこちら

相談の流れはこちら

ページの先頭に戻る